FacebookInstagram

芦屋能舞台

公演情報

  • 「大槻能楽堂自主公演能 特別公演 新春能」

  • 開催日時

    令和四年 1月3日  午後2時

    能「翁」浅井文義・茂山茂
    狂言「佐渡狐」茂山千五郎
    能「羽衣 彩色之伝」大槻文藏
  • 会場

    大槻能楽堂

クリックすると拡大して表示します(約360KByte)

  • 「観世九皐会 1月定例会」

  • 開催日時

    2022年1月9日 【第一部】12時半【第二部】15時半

    【第一部】  ※第1部は完売いたしました
    『翁』翁:佐久間二郎
    三番三:大藏教義
    千歳:坂真太郎
    面箱:上田圭輔
    狂言『宝の槌』大藏彌太郎
    【第二部】15時
    仕舞『屋島』中森健之介
    仕舞『東北』観世喜之
    仕舞『花月』弘田裕一
    能『繪馬』遠藤喜久
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込
    <各部>
    正面席:5,500円
    脇正面・中正面席:4,400円
    学生券(脇正面・中正面)2,200円 ※学生券は26歳未満(要学生証)

    ● 当日券は残席のある場合のみ当日開場時間より会場にて発売いたします。完売の際はご了承下さい。
    ● 未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

クリックすると拡大して表示します(約490KB/340KB)

  • 「日本全国能楽キャラバン!
      in 宮城 新春碧水園能楽堂特別公演」

  • 開催日時

    2022年1月16日(日) 15時半

    解説:小島英明
    仕舞『景清』 観世喜之
    仕舞『屋島』駒瀬直也
    狂言『鬼瓦』石田幸雄
    能『安宅 勧進帳 瀧流』小島英明
  • 会場

    碧水園能楽堂

クリックすると拡大して表示します(約3.8MByte)

  • 「第29回「能のことばを読んでみる会」《雲林院》」

  • 開催日時

    1月22日(土)18時~(2時間を予定)
  • 会場

    芦屋能舞台
  • 参加費

    1,000円
  • 主催

    能楽と郷土を知る会
  • 申込・問合先

    能楽と郷土を知る会のお問い合わせフォームのほか、朝原広基のTwitter・facebookでも受け付けています。

    「能のことばを読んでみる会」は、日本の伝統芸能である「能」の演目を一つとりあげ、一緒に、そのことば(詞章)を読むことで、能の内容に一歩踏み込むことを目指す、気楽な勉強会です。
    伝統芸能の「能」の言葉は、日本文化の宝庫です。でも、なんだか難しそうで、能が好きな人でも「なんとなく」としか分かっていないことも、意外に多いのではないでしょうか。
    主催者の私も同じです。この会をするようになってから、普段どれだけ能のことばを「なんとなく」読んでしまっていることか、感じることばかりです。
    でも、それは「もったいない」と思いませんか? 主催者は責任をもっていろいろ話題を提供しますが、参加者の皆さんも一緒に読む中で感じたこと、思ったことなどを話しながら、より能を楽しむきっかけにできることを目的に行っています。
    29回目のテーマ曲は《雲林院(うんりんいん)》。前回に引き続き会場として使わせていただきます芦屋能舞台の所在地・兵庫県芦屋市ゆかりの能です。

クリックすると拡大して表示します(約300KByte)

  • 「耕三の会 長山禮三郎三回忌追善会」

  • 開催日時

    2022年3月27日(日)午後3時開演
  • 会場

    大槻能楽堂
  • チケット

    12月4日より12月18日まで、S席のみ先行ご予約承ります。
    前売り券 S席 10,000円 A席 7,000円 B席 4,000円
    音声ガイド 500円(別途保証金 1,000円は終演後にお返しとなります)
  • お問合せ
     お申込み

    芦屋能舞台 0797-26-6290

    2022年1月26日(水)一般発売開始
    ローソンチケット(Lコード 55839)

クリックすると拡大して表示します(約400KB/480KB)

  • 「大阪観世会定期能」

  • 開催日時

    2021年12月11日 (土) 午後1時開演
    素謡「清経」大西礼久
     能「葛城 大和舞」上野朝義
    狂言「二九十八」善竹忠重
     能「小鍛冶 黒頭」梅若猶義
  • 会場

    大槻能楽堂
  • 入場料

    一般7,000円 学生2,500円
  • お申込み

    芦屋能舞台(0797-26-6290)でも承ります

クリックすると拡大して表示します(約270KB/130KB)

  • 「観世九皐会12月定例会」

  • 開催日時

    2021年12月12日(日)
    【第一部】12時半
    仕舞『邯鄲』永島充
    仕舞『松風』観世喜之
    仕舞『車僧』観世喜正
    能『和布刈』鈴木啓吾
    【第二部】15時
    連吟『安宅』観世喜正 他
    狂言『千鳥』山本則俊
    能『葛城』駒瀬直也
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込
    <各部>
    正面席:5,500円
    脇正面・中正面席:4,400円
    学生券(脇正面・中正面)2,200円 ※学生券は26歳未満(要学生証)

    <1部2部通しセット>
    脇正面・中正面のみ:7,800円(8,800円のところ1,000円割引)

    ● 当日券は残席のある場合のみ当日開場時間より会場にて発売いたします。完売の際はご了承下さい。
    ● 未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

クリックすると拡大して表示します(約460KB/310KB)

  • 「第十四回 桂諷會ー長山禮三郎一周忌追善ー」

  • 開催日時

    2021年11月23日(火・祝) 午後13時開演
  • 会場

    千駄ヶ谷・国立能楽堂

    能「砧」長山桂三  長山耕三
    能「敦盛」長山凜三 (初面)
    仕舞 「笹之段」観世 喜正 「玉之段」鵜澤 久 「天鼓」観世 淳夫
    舞囃子「当麻 」観世 銕之丞
    狂言「無布施経」野村万作 深田博治
    仕舞 「鐘之段」山本 順之 「融」大槻 文藏
  • チケット

クリックすると拡大して表示します(約550KB/510KB)

  • 「第五十一回 岡山後楽能」

  • 開催日時

    2021年11月3日(水・祝)12時半
  • 会場

    岡山後楽園能舞台
  • 解説

    観世喜正
    狂言『狐塚 小唄入』島田洋海
    能『羽衣』観世喜正  他 仕舞

クリックすると拡大して表示します(約260Kbyte)

  • 「ミニ・レクチャー」

  • 開催日時

    2021年11月6日(土) 開演14時30分
  • 会場

    代々木能舞台

    ミニレクチャー
    仕舞「清経」「杜若」
    能「雲林院」
  • 入場料

    前売り券 5,000円 全席自由

クリックすると拡大して表示します(約160Kbyte)

  • 「能の描く男たち」

  • 開催日時

    2021年11月27日 (土) 開演14時
  • 会場

    大槻能楽堂自主公演能
  • チケット

    前売券 S席6,500円 A席6,000円 B席5,500円
    お問い合わせ 大槻能楽堂 TEL06-6761-8055
  • お話

    「生きる為の業、猟師が見た地獄」天野文雄

    狂言「素袍落」
     太郎冠者:茂山七五三
     主人:茂山逸平
     伯父:丸石やすし

    能「善知鳥」
     前シテ・尉/後シテ・猟師:大槻文藏
     ツレ・猟師の妻:長山耕三
     子方・千代童:長山三誉
     ワキ・旅僧:福王茂十郎
     アイ・所の者:茂山あきら
     笛:杉信太朗、小鼓:曽和鼓堂、大鼓:白坂保行

クリックすると拡大して表示します(約520Kbyte)

ご挨拶

「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための自粛要請」の方針に従い、「耕三の会」令和2年5月公演を延期いたしました。
つきましては前回の演目、演者等一部に変更がございます。何卒ご了承くださいませ。
またお客様方々にも入場者制限は緩和されておりますが、御同行者以外の隣席は空けるよう座席を配慮いたします。皆様に安心してご覧頂けますよう、最善を心掛けたく存じます。
さて、「三井寺」は私の初子方の曲であり、長女も同じく勤めさせて頂いた思いの深い演目です。娘と稽古を重ねる度に、母の純粋な愛情を表現したいと思うようになりました。この度は次女が勤めさせて頂きます。改めて舞台に立てる喜びを感じ、なお一層の研鑽に励み三月に望みたく存じます。
また前回もご好評でした「音声ガイド」を、歌人・梅内美華子氏にライブ解説して頂きます。初心者の方にも「能の楽しみガイド」として是非お勧めいたします。数に限りがございますので、恐れ入りますが事前予約を頂けましたら幸いです。
では皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

ご挨拶

御礼のご挨拶

3月28日に「耕三の会 三井寺」を無事開催出来まして心より御礼申し上げます。
感染予防対策も念入りにさせて頂き1ヶ月以上が過ぎ、感染者も出なかった事、お客様のご協力があっての事とも思います。
未だ終息が収まらず、また公演延期などが出る様になってしまい、主催する方々の気持ちを思うといたたまれなく思います。
この状況の中、日々希望と前向きに舞台を勤めるよう精進して参りたく、御礼のご挨拶とさせて頂きます。

ご挨拶
ページ先頭へ