FacebookInstagram

芦屋能舞台

公演情報

  • 日本全国 能楽キャラバン! 矢来能楽堂夜能

  • 開催日時

    2022年7月8日(金)19時

    解説
    仕舞『夕顔』弘田裕一
    仕舞『雨之段』観世喜之
    能『戀重荷』
    シテ(山科荘司):観世喜正
    ツレ(女御):永島 充
    ワキ(臣下): 福王和幸
    アイ(家来):山本則孝
    笛: 杉信太朗
    小鼓:成田達志
    大鼓:亀井忠雄(人間国宝)
    太鼓:林雄一郎
    地頭:梅若桜雪(人間国宝)
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    S正面・座敷正面席 : 6,500 円
    A脇正面席: 4,000 円
    B中正面席・座敷中正面席: 3,000 円
    ※未就学児童入場不可
    【主催】  公益社団法人能楽協会・公益社団法人観世九皐会

クリックすると拡大して表示します(約3.3MByte)

  • 「観世九皐会7月定例会」

  • 開催日時

    2022年7月10日(日)
    【第一部】12時半【第二部】15時半

    【第一部】
    狂言『蟹山伏』善竹十郎
    能『敦盛』鈴木啓吾

    【第二部】
    仕舞『雨月』永島充
    仕舞『井筒』観世喜之
    仕舞『大江山』遠藤和久
    能『柏崎』坂真太郎
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込

    <各部>
    正面席:5,500円
    脇正面・中正面席:4,400円
    学生券(脇正面・中正面)2,200円
    ※学生券は26歳未満(要学生証)

    ※第1部正面席は完売いたしました

    <1部2部通しセット>
    脇正面・中正面のみ:7,800円
    (8,800円のところ1,000円割引)

    ● カンフェティウェブサイトでは座席表を見てお選びいただけます。
     公演日の8:00までご予約可能。
     ご予約後はセブンイレブンで発券してください。
    【カンフェティチケットセンター】
     電話 0120-240-540(受付時間:平日10:00~18:00)

クリックすると拡大して表示します(約260KB/180KB)

  • 故 浅見真州一周忌追善  代々木果迢会別会

  • 開催日時

    2022年7月16日(土) 午後1時開演
  • 会場

    国立能楽堂

    能「隅田川」浅見慈一
    狂言「宗論」野村萬
    能「石橋 大獅子」小早川修
  • 若竹能 7月公演

  • 開催日時

    2022年7月24日(日)
    12時半開場 13時開演

    能『楊貴妃』小島英明
    仕舞『猩々』金子仁智翔
    仕舞『唐船』弘田裕一
    仕舞『芭蕉』奥川恒治
    仕舞『天鼓』遠藤喜久
    仕舞『白楽天』観世喜之
    仕舞『昭君』観世喜正
    能『一角仙人』駒瀬直也
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    正面席:6,600円
    脇正面・中正面席:5,500円
    学生券:3,300円
    ※要学生証(26歳未満)・未就学児童入場不可

    ※正面席は完売いたしました

    【発売日】
    2021年12月14日(火)午前10時~

    ● カンフェティウェブサイトでは座席表を見てお選びいただけます。
     公演日の8:00までご予約可能。
     ご予約後はセブンイレブンで発券してください。
    【カンフェティチケットセンター】
     電話 0120-240-540(受付時間:平日10:00~18:00)

クリックすると拡大して表示します(約360KB/360KB)

  • 能のことばを読んでみる会 『通盛』

  • 開催日時

    7月30日(土)18時
  • 会場

    芦屋能舞台

    定員14名 事前申込制 問合先 090-3969-1608

クリックすると拡大して表示します(約340KByte)

  • 第六十六回大阪薪能 能楽堂公演

  • 開催日時

    令和四年八月十二日(金)午後5時半開演(開場四時半)

    『杜若』恋之舞 シテ長山耕三 ワキ福王知登
    チケット申込先 芦屋能舞台 0797-26-6290
     メールにては info@ashiya-nohbutai.com
  • あらすじ

    在原業平(ありわらのなりひら)がモデルともいわれる平安時代にできた「伊勢物語」より「杜若」は題材にした物語です。

    初夏。諸国一見の僧(ワキ)が三河国八橋にて、あたりの杜若の花をながめていると、一人の女(シテ)が現れ、この杜若は『伊勢物語』で業平が歌に詠んだ花だと教えます。女は僧に一夜の宿を貸し、業平と二条の后の形見を見せます。この女性が、業平の歌に詠まれた杜若の精だったのです。杜若の精は、業平が神仏の化身と告げます。やがて草木成仏の仏縁を得た杜若の精は、消えてゆきます。

    「恋之舞」がつくと、舞の中で橋掛りへ行き、沢辺を見込む型があります。水に映った業平の面影を懐かしむ箇所がございます。
  • 大阪観世会
     二十五世 観世左近元正 三十三回忌追善公演

  • 開催日時

    6月11日(土)開演午後1時
  • 会場

    大槻能楽堂

     狂言 萩大名 茂山千五郎
     能  恋重荷 彩色 観世清和
             ツレ観世三郎太 他

     仕舞  龍虎    長山耕三 林本大

クリックすると拡大して表示します(約160KByte)

  • 「観世九皐会6月定例会」

  • 開催日時

    6月12日(日)【第一部】12時半【第二部】15時半

    【第一部】
    仕舞『賀茂』河井美紀
    仕舞『水無月祓』佐久間二郎
    仕舞『鵜之段』観世喜之
    能『佛原』駒瀬直也
    【第二部】
    狂言『入間川』野村萬斎
    能『善界』永島充
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込

    <各部>
    正面席:5,500円
    脇正面・中正面席:4,400円
    学生券(脇正面・中正面)2,200円
    ※学生券は26歳未満(要学生証)

    <1部2部通しセット>
    脇正面・中正面のみ:7,800円
    (8,800円のところ1,000円割引)

    ● 未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

クリックすると拡大して表示します(約270KB/180KB)

  • 令和4年文化庁芸術振興費補助金 伝統文化親子教室事業
     芦屋能楽こども教室

  • 今年も芦屋神社にて『能楽こども教室』を開催します。
    昨年に引き続き新型コロナウイルス感染症対策を実施し、募集人数に制限を設けさせて頂きます。  お気軽にご参加くださいませ。
  • 会場

    芦屋神社
  • 日程

    7月21日(木)、7月25日(月)、7月28日(木)、8月1日(月)
    8月4 日(木)、8月8日(月)、8月18日(木)、8月22日(月)
    発表会 8月27日(土)15 時~(予定) 全9回
  • 参加費

    無料 ※道具使用料として全 9 回分で 2000 円必要です
  • 申し込み

    案内の通り、往復はがきにてお申込みください。

クリックすると拡大して表示します(約3.4MByte)

  • 松華会定期能 別会

  • 開催日時

    2022年05月05日 (木) 開演12:30
  • 会場

    大槻能楽堂

    能 「安宅」
    狂言「茫々頭」
    能 「大原御幸」
    能 「乱」

クリックすると拡大して表示します(約300KByte)

  • 興福寺 薪御能

  • 開催日時

    2022年5月21日(土)17時半
  • 会場

    興福寺南大門跡「般若之芝」

    【南大門之儀】
     観世流能『玉鬘』シテ観世喜正  地頭 長山耕三
     火入れ 興福寺宗徒
     大蔵流狂言『棒縛り』茂山千之丞
     宝生流能『春日竜神』辰巳満次郎

クリックすると拡大して表示します(約330KByte)

  • はじめての矢来能楽堂Special 能『土蜘蛛』をみる!

  • 開催日時

    2022年5月29日(日) 13時半開場 14時開演
  • 会場

    矢来能楽堂

    能楽師による解説:
    はじめてでもわかる!能「土蜘蛛」

    能「土蜘蛛」をみる!
    怪僧・土蜘蛛の精(シテ):鈴木啓吾
    源頼光(ツレ):奥川恒治
    胡蝶(ツレ):石井寛人
    頼光の従者(トモ):金子仁智翔
    独武者(ワキ):舘田善博
    従者(ワキツレ):殿田謙吉・梅村昌功
    独武者の下人(アイ):高澤祐介

    ※終演後フォトセッションあり

クリックすると拡大して表示します(約290KByte)

  • 第30回「能のことばを読んでみる会」番外曲《鼓の瀧》

  • 開催日時

    令和4年(2022年)4月2日(土)18時~(2時間を予定)
  • 会場

    芦屋能舞台(兵庫県芦屋市松ノ内町10-16) 【Googleマップ】
    [阪急電鉄神戸線「芦屋川」駅から東へ3分
    JR神戸線「芦屋」駅から北へ10分]
  • 参加費

    1,000円
  • 主催

    能楽と郷土を知る会
  • 申込・問合先

    能楽と郷土を知る会のお問い合わせフォームのほか、朝原個人のTwitter・facebookでも受け付けています。

クリックすると拡大して表示します(約380KByte)

  • 「観世九皐会4月定例会」

  • 開催日時

    2022年4月10日(日)【第一部】12時半【第二部】15時半

    【第一部】
    能『須磨源氏』桑田貴志
    狂言『鬼瓦』三宅近成

    【第二部】
    仕舞『白楽天』中所宜夫
    仕舞『吉野天人』観世喜之
    仕舞『鵺』小島英明
    能『采女』坂真太郎
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込

    <各部>
    正面席:5,500円
    脇正面・中正面席:4,400円
    学生券(脇正面・中正面)2,200円
    ※学生券は26歳未満(要学生証)

    <1部2部通しセット>
    脇正面・中正面のみ:7,800円
    (8,800円のところ1,000円割引)

    ● 未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

クリックすると拡大して表示します(約270KB/180KB)

  • 「観世九皐会別会」

  • 開催日時

    2022年4月30日(土) 12時15分開場 13時開演

    連吟『蝉丸』永島忠侈・観世喜正 他
    能『松風』見留 奥川恒治
    狂言『伯母ヶ酒』善竹十郎
    仕舞『藤戸』観世喜之
    能『烏帽子折』観世銕之丞・観世喜正
  • 会場

    国立能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込

    S正面席:10,000円
    A正面席:8,000円
    B脇正面席:6,000円
    C中正面席・GB席:5,000円
    C席学生券:3,500円(要学生証・26歳未満)
    B席脇正面・C席中正面親子ペアチケット
    (15歳以下1名無料・矢来能楽堂でのみ取り扱い)
    未就学児童入場不可

    ※S正面席は完売いたしました

    ● カンフェティウェブサイトでは座席表を見てお選びいただけます。
     公演日の8:00までご予約可能。
     ご予約後はセブンイレブンで発券してください。
    【カンフェティチケットセンター】
     電話 0120-240-540(受付時間:平日10:00~18:00)
    ●残席がある場合は、当日券もございます。開場時より販売いたします。直接、会場へお越しください。
    ● 未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

クリックすると拡大して表示します(約260KB/200KB)

  • 「観世九皐会5月定例会」

  • 開催日時

    2022年5月8日(日) 【第一部】12時半【第二部】15時半

    【第一部】
    仕舞『田村 クセ』観世喜之
    仕舞『藤』駒瀬直也
    仕舞『玉之段』遠藤和久
    能『杜若』中所宜夫
    【第二部】
    狂言『咲嘩』野村万之丞
    能『殺生石 白頭』長山耕三
  • 会場

    矢来能楽堂
  • チケット

    全席指定・消費税込

    <各部>
    正面席:5,500円
    脇正面・中正面席:4,400円
    学生券(脇正面・中正面)2,200円
    ※学生券は26歳未満(要学生証)

    <1部2部通しセット>
    脇正面・中正面のみ:7,800円
    (8,800円のところ1,000円割引)

    ● カンフェティウェブサイトでは座席表を見てお選びいただけます。
     公演日の8:00までご予約可能。
     ご予約後はセブンイレブンで発券してください。
    【カンフェティチケットセンター】
     電話 0120-240-540(受付時間:平日10:00~18:00)
    ● 残席がある場合は、当日券もございます。
     開場時より販売いたします。直接、会場へお越しください。
    ● 未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

クリックすると拡大して表示します(約260KB/180KB)

ご挨拶

「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための自粛要請」の方針に従い、「耕三の会」令和2年5月公演を延期いたしました。
つきましては前回の演目、演者等一部に変更がございます。何卒ご了承くださいませ。
またお客様方々にも入場者制限は緩和されておりますが、御同行者以外の隣席は空けるよう座席を配慮いたします。皆様に安心してご覧頂けますよう、最善を心掛けたく存じます。
さて、「三井寺」は私の初子方の曲であり、長女も同じく勤めさせて頂いた思いの深い演目です。娘と稽古を重ねる度に、母の純粋な愛情を表現したいと思うようになりました。この度は次女が勤めさせて頂きます。改めて舞台に立てる喜びを感じ、なお一層の研鑽に励み三月に望みたく存じます。
また前回もご好評でした「音声ガイド」を、歌人・梅内美華子氏にライブ解説して頂きます。初心者の方にも「能の楽しみガイド」として是非お勧めいたします。数に限りがございますので、恐れ入りますが事前予約を頂けましたら幸いです。
では皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

ご挨拶

御礼のご挨拶

3月28日に「耕三の会 三井寺」を無事開催出来まして心より御礼申し上げます。
感染予防対策も念入りにさせて頂き1ヶ月以上が過ぎ、感染者も出なかった事、お客様のご協力があっての事とも思います。
未だ終息が収まらず、また公演延期などが出る様になってしまい、主催する方々の気持ちを思うといたたまれなく思います。
この状況の中、日々希望と前向きに舞台を勤めるよう精進して参りたく、御礼のご挨拶とさせて頂きます。

ご挨拶
ページ先頭へ